FX1000通貨を攻略ABCファイナル

FX1000通貨を攻略ABCファイナル

FX1000通貨に投資した額は少なくても60万です

もし、余剰資金がおありなら、不動産投資をお勧めします。何より、不動産投資で大切なのは、土地を調べることです。適当にしてしまうと入りが少なくなってしまうので、買える値段かどうかというところも考えながら、購入したほうがいいのです。
今、一番おすすめなのが、郊外の駅前の土地です。しかし、人気のある、新しい路線のところの土地は、もう値段が吊り上がっていることが多いです。だから、従来からある電車の駅の格安のものを探したほうがいいと考えます。探すと、まだまだ出てくるものです。新路線が出てくると、しばらくはそちらのほうが人気が出ます。しかし、以前からある電車の駅のほうが価値が高いのです。それなのに、考えられないほどの価格になっています。とても買えない値段です。今しかないのです。以前であれば、これほどまでに安い値段で、駅前に広い土地は購入できませんでした。もちろん、そちらに、積水ハウスや、へーベルハウスを建てて、駐車場を整備すると、家に居ながらにして、少なく見積もっても、万円もの働きをしてくれます。家も、防犯にいいです。駅のホームから見えているところでも、そこまで安い値段が存在するのです。便利です。
私がお勧めしたいのは、茨城県です。茨城県の最南端、一番東京に近い取手市です。こちらは、本当に近いです。あっという間に、駅前に家から、大手町に出かけられます。来年は、上野どまりの電車が東京駅に乗り入れます。そうなってくると、もう遅しです。
ここまでくると、むしろ思い切って為替投資などで逆にチャレンジしてみてもいいかもしれませんね。もし本当にFXをするならこういうサイトを見ておくことをオススメします。

 

こんにちは、私は無職のFXトレーダーです。今日は日曜日と月曜日のFX予定を書いてみたいと思います。

 

まずは日曜日です。日曜日は次の日からFXがスタートするのでひらすら復習と予習をします。

 

復習は先週取引した通貨の流れを見ながら反省します。反省したらノートに記録を残しておきます。

 

また先週どんなニュースが為替レートを動かしたのかを確認して勉強しておきます。

 

予習は来週一週間の世界の行事のスケジュールを確認します。確認するのは新聞とかの雑誌ではなく、無料で見れるブログでやります。

 

参考にするブログは1年以上継続して掲載してあるもので、ランキング上位のものを選びます。ランキングはブログ村などのメジャーなところに行けば間違いがないと思います。

 

週間予定を確認したら、ツールの手入れや確認をします。ツールの手入れをするのは、当日ツールが壊れていたら取引できないからです。

 

また証券会社のホームページもしっかり機動しているかもチェックしておきます。

 

それが終わったら、次は目覚まし時計をAM4-30ぐらいにセットをします。ここでのポイントは目覚まし時計を2つ用意をします。更にケータイ電話のアラームもセットしておきます。こうするのは朝に2度寝を防ぐためです。それが終わったら日曜日は寝不足のないように早めに就寝します。

 

これで日曜日にする仕事は終わりです。日曜日にすることは取引することではないので難しいことではありません。しかし、ここで予習と復習をやっておくとおかないとは月曜日に大きな差がついてきます。

 

さて、無事に日曜日の作業が終了したら次は月曜日の取引作業に入ります。

 

しかし、月曜日の朝を迎えたらいきなり取引はしません。月曜日の朝はニュージーランドのウェリントン市場から始まりますが、この時はまだ世界の投資家心理がまだ目覚めたばかりだからです。

 

よって、一応FXに関する日曜日の夜中ニュースを確認します。またテレビで面だった為替や株のニュースがないも確認をします。

続きを読む≫ 2015/11/20 11:03:20

株をやっていると、好調・不調の波が出てきます。
これは、日経平均を見てもチャートがジグザグになっていることからもわかるように、仕方のないものです。
右肩上がりに一直線というのも、ずっと下り坂というのもないものです。
真横一本線というのはあるかもしれませんね。
そう、投資していない状態です。

 

上記で述べたように好調の波が続くはずもなく、
誰しもが不調に陥ります。その状態は一般的に「スランプ」と呼ばれる状態です。
今回はスランプに陥った時の対処法をお伝えしたいと思います。

 

①自分の狙い通りの取引が出来ていないと思ったら全て現金化
うまくいっていないときは、変に銘柄をスライドさせるなどして、更なる赤字を拡大させます。
ひとまず現金化して一呼吸おきましょう。
②自らがお気に入りに入れている銘柄をリセット
ついついお気に入りに入れているせいか、客観的に銘柄をみれていないかもしれません。
一度、忘れて新規開拓も視野に入れてもう一度ポートフォリオを構築しましょう。
③負けているときの精神分析
まだ新しく買ってはいけません。
なぜ、自分が蒔けたのか、不調に陥ったのか原因を見つけなくてはなりません。
原因と対策が構築できたら、②で見つけた銘柄を物色しましょう。

 

真横一本線というのはあるかもしれないといいました。
つまり、投資していない状況で、一旦相場から離れて冷静になることが大事だということです。
投資しなければお金は増えませんが、減ることもありません。
地合いが悪い時に無理して稼ごうとしても、稼げないものは稼げないのです。
何もしないことが得策であるということを理解しておく必要があるでしょう。
当たり前ですが、案外難しいことですね。

続きを読む≫ 2015/06/23 16:34:23

株式投資を始めたばかりの初心者が陥りやすい典型的な行動について今回はご紹介します。
私も始めたばかりのときはハマってしまいました。

 

①株式投資中の失敗を自分以外に原因を求める
例えば、掲示板の煽りが悪い、負のIRを出すのが悪い、地合いが悪いなどなど。
的を得ている場合ももちろんあるのですが、買いの約定をしたのも自分自身であれば、売りの約定をしたのも自分なのです。
株式投資は自己責任。他に原因をもとめるのではなくて、自分自身の行動を振り返ってみましょう。
決めたのは自分自身なのです。
②買付余力が残っているときに全力投資をする
余力が残っているとついつい買い増しをしてしまいたくなります。
今が買いのタイミングなのかどうかも判断もせずに、とりあえず余力があるので資産運用していないと損した気分になります。
確かに投資しなければお金は増えませんが、買わなければお金が減ることもないのです。
逆に投資をしていることで、買いのタイミングで資金不足になったり、投資している株がマイナスになっているので動かしたくなくなったりと、
機会損失をする可能性があります。
③衝動買いをしてしまう
自分が色々なネットワークを駆使し、ある銘柄にたどり着きます。
その銘柄のもつ魅力に魅了されて、保有していない状態に耐えられず、ついつい衝動買いをしてしまいます。
果たしてその株の株価が適正であったのか、テクニカル分析をしてみたらどうであったのかということはついつい無視してしまいます。

 

今回は初心者が陥りやすい典型的な行動を3つ挙げてみました。
投資の際には上記のような状態に陥っていないか、今一度冷静になってみてください。

続きを読む≫ 2015/06/23 16:33:23

11月28日の時点で、株式市場での買い方の評価損益率が、マイナス7.5%となっている。12月5日の夜間取引では日経平均先物が18000円を超えているので、12月8日の週には、買い方の評価損益率はマイナス4%前後となると思う。プラスマイナス0%近辺まで数値が改善されてくると、株式市場は天井圏に到達することが多い。
アベノミクス相場が始まってからの実績を述べると、2013年5月の天井圏では、2013年5月10日にプラス3%に達したが、6月7日にはマイナス6%まで評価損益率が悪化している。また、2014年正月の天井圏では、買い方の評価損益率は1月10日でマイナス2%となったが、3月中旬にはマイナス15%まで悪化している。
このように、過去の買い方の評価損益率を見てみると、12月8日の週の評価損益率は、かなり良い数値となると思う。つまり、そろそろ株式市場は天井圏に入る。いまから日本株を買うのは、かなり危険な行為だと思う。むしろ、日本株を持っている人は、利益確定の売りを出すべきだと思う。
また、もうひとつの重要指標として、騰落レシオがある。一般的には、騰落レシオは120を超えると過熱圏で、70を下回ると底値圏と言われている。12月5日時点で135となっている。2週間続けて140近辺に位置している。騰落レシオの観点でも、現在の株式市場は天井圏に位置しており、いまから日本株を買うのは危険と言えるだろう。いま株を持っている人には、利益確定売りをお勧めしたい。

続きを読む≫ 2015/06/23 16:33:23

マネックス証券の松本社長が、12月4日のブログで、年内の相場について「押し目待ちに押し目なし」だろうと述べている。そして、これからしばらくは、流れに逆らわずに上手に乗っていくことが重要だと述べています。
自分は、ほとんどのエコノミストやストラテジストの能力というものを信用していませんが、例外的に、数名の証券関係者の見解については高い信頼感を持っています。その一人が、マネックス証券の松本社長です。松本社長は、証券会社の経営者という立場であるため、直接的な表現をすると金融商品取引法の規制に抵触する可能性がある。だから、普段は表現を選んで発言しています。しかし、年に数回、はっきりと「長期的に相場は上昇していく」とか「相場は当面下がらない」と明言するときがあり、このときは必ずそのとおりに株式市場は展開しています。
例えば、2013年4月下旬の時期、つまり1度目のアベノミクス相場がピークに達しようとしていた時期に、ブログで「私は日本の株価に強気だ」と明言しています。このとき日経平均株価は13900円で、この発言の1ヶ月後に日経平均は12000円まで下落しましたが、2014年12月4日現在の日経平均株価は約17800円です。松本社長の、恐るべき先見性です。
自分は、松本社長の先見性や分析能力を高く評価していますし、信用しています。ブログ以外にも、マネックスメールという毎日発行されるメールマガジンを、マネックス証券のホームページで登録すると松本社長のブログ記事を読むことができます。
投資家の方々には、ぜひご参考いただきたいと思います。

続きを読む≫ 2015/06/23 16:33:23

12月1日現在、日経平均は高値を更新している。上昇トレンドに入ってから1カ月以上が経過しており、テクニカル指標から判断すると、いつ下落に転じても不思議ではない。しかし、日本では衆議院選挙が明日2日公示され14日投開票まで選挙戦が展開される。選挙中の株価の大幅下落はないというのが常識的な判断だ。年金資金が株価の下支えをするからだ。なおかつ、原油価格が大幅下落しており、急激な円安で輸入物価が急上昇するはずだったところが物価上昇を抑制する効果をもたらしている。これは、個人消費を促進する材料となる。
さらに、日本銀行が追加緩和を実施し長期国債の買い入れ額80兆円を発表した。中国は金利引き下げを実施し、ECBに対しては量的緩和本格化の圧力がかかっている。ECBのドラギ総裁は金融緩和を実施するのであれば2年間で1兆ユーロ(日本円で約140兆円)の規模となると発言している。アメリカは量的金融緩和を終了させたが、買い入れた国債は当分の間保有し続けるだろう。つまり、いまはグローバルな過剰流動性のクライマックスともいうべき状況だ。そして、例年12月は株価は上昇するというアノマリー(季節要因)がある。こういった状況では、株式市場は下落する理由がないと思う。
あと1カ月くらいは、株価は高値で推移するかもしれない。そのあとが大変だ。2015年の1月から3月の間に、いったん急落の局面があるかもしれない。日経平均株価なら、18000円まで上昇したあと、16000円まで下落すると予想する。

 

続きを読む≫ 2015/06/23 16:33:23

最近、円安傾向で 一ドル119円になりましたね。
ここ数年80~90円台で推移していたので、112円を越えた頃から一時ドル預金をストップしました。
ドルは持っていても、困らない通貨なので、円高の時には、ちょくちょくドルに替えて貯金をしています。
十数年前に79円だったときに、持っていた貯金をすべてドルに買えて、
儲かっていらいドル預金に興味を持っています。
そしてここ数年80円~90円台だったので、ずいぶんとドル貯金がたまりました。
できる限り貯金はドルに買え、必要最低限の日本円で生活をしていました。
しばらく80円台が続いたので、ドルをこのまま持ち続けていいのか、不安になったこともありました。
でも、今考えると!正解でした♪
120円をこえた時に、一部のドル預金を円に替えようと考えています。
もしかしたら、もっともっと円安になるのではないか!と期待して、
買え時を逃した経験は幾度となくあります。
投資を始めたときは、そのたびに一喜一憂していたのですが、
歳を重ねてくると、すこし待てば、また!という気持ちをもてるようになりました。

 

円安になることは、ドル預金をするにはいいのですが、
海外で買い物をして使うときは、ドルを安く買っていても、
やっぱりそのときのレートで考えてしまうので、
体感的には高く感じてしまい、買い物を控えてしまいますね(笑)。
個人的にはまた、円高傾向にもどってほしいとも思います。
そしてまたドル預金が貯まった頃に円安になってくれれば!なんて思っています!
ドル預金は世界のニュースにも興味を広げ、勉強するようになるので、面白い投資だと思います。

続きを読む≫ 2015/06/23 16:33:23

株式投資、不動産投資、外国為替証拠金取引はいずれをするにも情報の収集が必要です。普段の勉強も必要です。これらは元金が保障されているわけではありません。
しかも今は国際的な日々刻々と変わる政治・経済情勢などによって相場は大幅に上下します。
大勢の投資家の資金を運用する投資顧問会社や機関投資家や外国からのプロの投資家が市場参入している時代です。個人が売り買いするのは一向に構いませんが、場合によっては気が付いたら大損をしていることがあるという世界です。
株式も数年前の日経平均7,000円の時代から今は17,000円を付けています。大口投資家は相当利益を上げていることが予想されます。しかし小口投資家は上がってきてから買う場合が多いため大した利益を上げられません。大口投資家はこれが相場の頂点だとみればさっと利益確定して売り逃げしてしまい、小口投資家は売り時がわからず結局買値より安い値で売る羽目になったりします。そんなことのないようにに情報の収集を図らなければいけません。証券会社の営業マンの言うとおりの売買は危険です。
不動産投資と言えば主にマンション投資ですが、これも立地とかの情報を図り売りたくても売れないような物件をつかまされないようにしなければなりません。
外国為替証拠金取引は今多くの人がやっているようですがリスクを考えてやってほしいと思います。人がやっているからとか勧められたからとか大儲けした人のメディアでの様子を見て始めることは危険です。やはり勉強が必要だと思います。
投資は余裕資金で運用し大損しないように損を出しても大きな損にならないうちに手じまいする決断力が必要です。

続きを読む≫ 2015/06/23 16:32:23

株式投資をされている方のなかには、優待を目あてに、という方も多いことでしょう。

 

人気の優待としては、飲食店でのお食事券があると思いますが、
私もいくつか、そうした食事券をいただける企業の株を保有しています。
年に一度か二度、優待券をいただいては、家族で食事に行きます。

 

そんなとき、「何を食べようかな~」とか「ああ、おいしかった」で終わるのではなく、
私はその飲食店の様子を、“視察に”行くつもりで出かけます。

 

優待券を持って食事に行くと、まず「これ、使えますよね」と確かめます。
もちろん、そのお店で使えることは確認済みなのですが、お店によって、ここで対応が分かれます。

 

バイトらしき店員さんに、「えっ、なんだろうこれ?」という顔をされ、
「ちょっとお待ち下さい」とバックヤードに確認に行かれるお店もあれば、
「はい、もちろんお使いいただけます。株主様ですね、ご利用ありがとうございます」
と、にっこりされるお店もあります。
こういうお店は社員教育が行き届いていて、サービスも優れていることが多いです。

 

また、料理の内容はもちろん、お客さんの入りはどうか、
お店の清潔感はどうか、などもチェックします。
もし、以前より落ちたなと思ったら、株の売却も検討します。
飲食店は競争が激しいですから、いい加減な商売をしていたらすぐに業績は落ちていきますから。

 

優待券は、株主へのサービスであることはもちろんですが、
お店の状況をチェックするためにも、有効に使わせてもらっています。

続きを読む≫ 2015/06/23 16:32:23

私が株式投資を始めたのは、金利が低く、預貯金だけでは資産が将来目減りしていく不安を覚えたからでした。とはいうものの、素人の何も知らない人間がいきなり株式投資を行うのはとても勇気がいることでしたので、まずは、図書館でかんたんな投資の本を読み、ネットなどでも情報を集めました。そうした中でわかったことは、自分がわからない会社には投資しないということでした。これは、投資のカリスマと呼ばれる人の言葉で、お金儲けのためだけに、株価だけをみて全く知らない会社の株を買ってしまうと失敗するということらしいのです。確かに、興味のない会社よりも、自分の関心のある業種の会社を選んだほうが、興味が持てますし、頻繁にチェックもしていきます。また、株式投資は単なる金儲けだけではなく、その会社の株を買うことは社会活動への参加にもつながることになるのです。そうした株式投資の心得から、私が選んだのはスキンケア用品のメーカーと、葬儀会社でした。スキンケア会社の株は、自分もよく利用しているものなのでよく知っているのと、株主優待でそこの自社製品が毎年贈られてくるのが魅力でした。買った時よりもやや下がってしまっているのですが、株主優待と配当金を毎年いただけるので、損した分は充分取り戻せたと思います。また葬儀会社の方は、自分の万が一のことを考え、株を買うことによって葬儀関連の知識を得ようと思ったのと、高齢化社会において、これからどんどんニーズが高まると思ったからです。幸い、葬儀会社の方の株価は順調に値上がりしており、スキンケア会社と合わせて少し利益がでているというところです。

続きを読む≫ 2015/06/23 16:32:23
ホーム RSS購読 サイトマップ